2012年01月10日

為末照正の事。

為さん.jpgtamesan1.jpg


2012.1.6 大森『風に吹かれて』為末照正with T's Club Band
為さんの出演は不可能という事で、本番前日にセットリストを変更。
急遽、T's Club Bandだけでライブを決行する事になった。
ほとんどの曲は僕が歌い、ホセ山本と川崎ヒロ君、すずかちはやさんが一曲ずつメインを歌う事に。
為さんの歌を、果たして表現出来るのか?それより、お客さんは受け入れてくれるのか?
為末が出演出来ない旨を、入口でメンバーが説明し、納得頂いた方のみ入場して頂いたにも関わらず、沢山のお客様。
不安要素は沢山あったけど、お客さんの笑顔と拍手が答えを出してくれた気がしました。

翌日の1月7日 Am9:15
きっとライブを終え、打ち上げで鱈腹飲み帰宅する様な時間なのだろう...
為末照正は、天命を終えました。

僕達は、昨年の10月に余命3ヶ月の宣告を受けた事を知っていました。
11.23のライブは痛みを押し、歌いきった夜でした。
年末には居酒屋でも歌い、その精神力に驚かされたばかりでした。
抗がん剤治療を拒否し、最後まで歌う事を選んだ男...
命を削る様にギターを弾いていた、粟田幸嗣と共に、天国でまた歌うんでしょうね。

往く船は 小さくて 波に揺れるけれども
羅針盤 導かれ 旅を続ける
もっともっと 俺は俺を信じてやれば それでいい...
好きになれたら それでいい...(羅針盤より)

『ガイちゃん、歌は座って唄っちゃダメだ!立って、客を見下ろしてやるんだ!』
二十年近く前に聞いたこの言葉の意味を、今は分かる気がしています。
じゃぁね...為さん...
まだ行く気はないけど、胸を張ってそっちに行ける様、生きて唄って行きます。
posted by utautai at 16:09| Comment(7) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする